スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(C)SEGA (C)NINTENDO (C)SQUARE ENIX

今日は独り言

ちょっとネタバレ要素が含まれておりますので、これからFF4コンプリートコレクションを楽しもうと思う方、ネタバレが嫌な方は、見ない方が良いと思います。


気にしない方、そんなの別にやらないし!その前にそのゲーム遊んだことないからどうでもいいし!という方は、この先、ただダラダラ喋っているだけではありますが、見たり見なかったり、とお好きになさってくださいませ!
























皆さんこんばんは!ケルティック音楽が大好きなアリシアです。


ケルティック音楽を知らない人でも、意外と耳にしている曲などあったりすると思います。


今日はごにょごにょと独り言でも言います。


ちまちまと遊んでいて、ついにクリアしたPSP版FF4!


FFシリーズを初めて遊んだのは、FF4でした。


当時は記録が消えまくっていつもラストダンジョンでセーブが消えていた思い出があります。


その後、古い作品なども遊び、一緒に育ちました。


今まで遊んだFFは・・・1 2 4 5 6 7 8 9(途中まで) 10 10-2 13   


後半になるにつれて遊んでいない作品もあるけど、遊ぼうとも思わないので、ヨシ!


PSP版は「FF4」とFF4のその後の「ジ・アフターイヤーズ」が収録されており、更にFF4が終わり、ジ・アフターに繋がるまでの中間ストーリー「インタールード」等も新たに収録され、結構なボリュームではないかと思います。


終わったと言っても、まだFF4だけですが、ネット上では中々のヒドイ?言われようっぽいけど、個人的には満足。


元々SFCだったということもあり、DSのように微妙な3Dにされるくらいなら、PSP版でリメイクされたグラフィックで全くの問題はありませんね。


ゲームって感じがして良かった。


ストーリーは


暗黒剣を極めた主人公暗黒騎士セシル、王様に意見したことにより、お城から追放されかけた時、親友の竜騎士カインが王様を説得しようとしたら、やっぱり追放されちゃった。

追放ついでに、ボムの腕輪を渡されて、王に「ミストの町に行って来て頂戴!」と言われ、行く途中、ドラゴンさんの警告を無視して倒したら、子供(リディア)のお母さんだった。

「ごめんちゃい!」と謝ったのに、子供(リディア)から、召喚・タイタンのお仕置きをくらい、カインは行方不明になったがリディアは心を開く。

そんな中、セシルを大好きな白魔道士ローザが追いかけて来たが、病でぶっ倒れて、セシルは病に効くという薬草を渋々取りに行き、愛しいローザを助ける。

ひょんなきっかけで、暗黒騎士から間逆の聖騎士、パラディンに転職させられるセシル。「おいおい、この10数年もかけて極めた暗黒剣をどうしてくれるんだ。」

飛空艇を手に入れ、嬉しさのあまり、飛び回っていたら、敵の飛空艇から死んだと思った親友カインが現れ「ローザは頂きました。」と告げ、去っていく。

そういえば、気がついたらいない事に気づいたセシルは、仕方ないので助けに行く。

無事、ローザを助けたセシル。親友カインはゴルベーザに操られていた、と必死に弁解する。

「俺は・・・ローザ・・・君に・・・俺の側にいて欲しかっただけなんだ」とカインが告げる中、セシルとローザは見せ付けるようにカインの近くで抱き合う。

その後、洞窟で誰かが倒れているのを発見。どうやらどこかの忍者の頭領らしい。

エッジという忍者は、リディアに一目惚れし「良い女だな。」と。リディアはすかさずデスを御見舞いした。

そうこうしていたら、カインが自分は空気だと自覚し始め、操られた振りをしてセシルたちを裏切ってみた。

またも親友に裏切られてショックを隠せない振りをしていたセシルは立ち上がり、月にお散歩しにいったら、フースーヤというモップが仲間になった。

カインがいると思われるところに行ったら、ゴルベーザって人が居た。

話を聞いたら、カインを操っているらしいので、とりあえず倒したら、ゴルベーザはなんとセシルのお兄だった。

それと同時に、カインにかけていた術も解けた・・・と思うけど、操られた振りだから元々かかっていなかった。

「皆・・・すまん・・・謝って許してくれとは思わん・・・」

そんなことをよそに、セシルとローザはまたもカインの目の前で抱き合う。

お兄を追いかけて月にいったら、ラスボスらしい敵と「いいですとも!」という声が聞こえた。

でも、やられちゃったみたいなので、何か勝手に敵と戦うはめになるセシル御一行は、嫌々ながらもラスボスと戦うことを決意した。



大体こんな感じ。5%くらいは合ってると思います。





全てをクリアはしていませんが、とりあえず遊んでクリアしたところまでの感想は、普通に面白かったかな。


ゲームの難易度としては、わりと簡単な方かも?とは言っても、何度かプレイしているので進め方がわかっているし、参考にはならないと思いますが・・・。


所々難所はありますが、それでもLVを上げればクリア出来るし、難しいRPGではないかなと思っています。


ぬるいと感じる人もいるでしょうが、そこは置いときます。


ゲームボーイアドバンス版を遊んだこと無いので知りませんが、ベースはアドバンスっぽいのかな?ラストダンジョン行く時にPT入れ替えなどが出来たので。


確か、アドバンスではそれがあったような・・・そんな事を雑誌か何かでみたような記憶があります。


個人的な意見ですが、自分がゲームをするにあたって最も重要なのはBGMだったりします。


一番よく聴いたりする曲、ボス戦の曲、どこか一個くらいはこれ名曲、とかとても大事です。


どれも良い曲!というのは難しいかもしれませんが、最低どれか好みの音楽じゃないと、一気にやる気を失せたりします。


PSP版のBGMがどうなるのかちょっと期待していたら、DS版の音楽で、かなりションボリしました。


まぁ・・・わざわざPSP用に作る事もないと言えばそうですが、こういったところで若干の手抜きが、DDFFなどの気合の入れ方とは全く違うな、ということはわかりました。


もし、音楽がだめならば、次は、直感です(笑)


遊んで楽しいか、それだけです。


その次は、登場キャラクターに好きなキャラがいるか・・・。


その次は、もうあまりなかったり。


大体はストーリーが挙げられると思うのですが、実はストーリーはどうでもいい性質だったりします。


どんなにストーリーが最悪と言われているゲームでも、音楽が好きだったり遊んでいて普通に楽しければ、それでOKな、単純な人です。


BGM大好き、遊んでいて楽しい、カインという竜騎士が大好き、ただそれだけです。


カインは最高です、片思いの女性が自分に振り向いてくれなくて、主人公ばっかり見てる事に嫉妬して、二度も仲間を裏切るステキな人。


嫉妬の竜、最高です。


次もそんなことがあったら、きっと、殺してでも奪い取るに違いない、そう思っています。


話は少し変りますが、知っている人は知っている、知らない人は全く意味がわからない、そんな迷場面がFF4にはあります。


何度かブログで発言させてもらいました(笑)


これです。


いいですとも!  



「いいですとも!」



迷言です。


フースーヤ(通称モップ)が、一緒にメテオを!と言って、ゴルビーが「いいですとも!」と言うシーンです。


「いいですとも!」とは、早々言わないよね(笑)


他に返事なら沢山あったでしょうに・・・。


この後あっさり二人はやられますがね。


究極魔法のくせに、メテオ合戦とか、凄すぎます。


誰かさんは命を賭してメテオを使ったのに、5歳の黒魔道士の子供はあっさりメテオを覚えちゃったり、メテオのバーゲンセールです。


レギュラーのリディアより覚えるのが早かったり、5歳児パロム、侮りがたし。


そんな召喚士リディアは、フレアとメテオを覚える程LVを上げる事も無くラスボスを撃破してしまったり、カインが惚れている白魔道士ローザもホーリーを覚えないままボスに行っちゃったり。


DS版では、LV90前後はあったと思うのに、PSP版ではLV50くらいでクリア、普通に考えたら90は上げすぎかっ!


DS版はね・・・ヒドイ作品です。隠しで開発室というのがあって、制作スタッフからコメントがあるのですが「ちょっと難しくしました」の「難しく」が半端なく難しいゲームになっていました。


下手なのもあるとは思いますが、ちょっと進んで新しいダンジョンに入ったら、初戦闘で数秒で全滅とかざらにありました。


防具の属性軽減を上手く装備しないとあっという間にやられていた記憶しかありません。


SFCで後にFF4のイージー版が出たくらいだというのに・・・。


FCの難しいとかとは、また少し違う、変な難しさ。


よって、DS版FF4はバランス悪すぎて、クソゲーと認定しています。


そして、何だかんだ言ってFF4は大好きなんだな、とわかりました。


次は続編のジ・アフターのストーリーを進めてやる~!















わかる人だけのオマケ 

エッジはお留守番 

最後のシーンで今まで出会った人達から応援されるシーンで、本来ならばパーティは固定なので、エッジはレギュラーメンバーで外すことは不可能なのですが、入れ替えが出来るので、お留守番してもらいました。

だって・・・入れ替えられるのなら・・・エッジは別にいらないし・・・。
関連記事
スポンサーサイト
(C)SEGA (C)NINTENDO (C)SQUARE ENIX

コメント

No title
個人的には9が一番泣けたでありんす。
エンディング的な意味で。
アリシア">
ジタン
そうなんでありんすか。

FF9は途中までしか遊んだこと無いので、機会があったらやってみようと思いんす。

はんだただし
エッジ わろた
アリシア">
Re:
エッジの効いたギャグを持っているのはエッジだけですよね!
今思うと他のキャラもどんなのだったのか気になります。

コメントの投稿

非公開コメント


『PHANTASY STAR ONLINE 2 (C)SEGA』 公式サイト
『新・光神話パルテナの鏡 (C)NINTENDO』 公式サイト
『ファイアーエムブレム 覚醒 (C)NINTENDO』 公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。